鹿島アントラーズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 新入荷

鹿島アントラーズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 新入荷

鹿島アントラーズは、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

2017シーズン鹿島アントラーズ ホームはクラブ史上初となるネイビーを基調としたカラーコンビネーションを採用。鹿島灘をイメージしたネイビーにクラブの魂ともいえるディープレッドをボーダー柄で合わせ、躍動感あるデザインに仕上げている。ベースカラーをディープレッドからネイビーとすることで、伝統を重んじながらも新たな挑戦を恐れないクラブの姿勢を表現。アクセントカラーにゴールドを用いたほか、袖にはJリーグ王者の証であるチャンピオンマークが刻印される。

胸前にはスポンサー名をプリントして、左胸に協会エンブレムをワッペン圧着して、右胸にメーカーロゴを刺繍している。Vネックデザインを採用して、元気感じをしている。2016シーズンと違うのはレッドとネイビーの横縞デザインを使用している。
元気かつ活躍感のある鹿島アントラーズ ユニフォーム 2017 ホームを購入したかったら、こちらへ!

kashima-antlers-2017-uniform-home-nike-04

横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 熱売中

横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 熱売中

アディダスの横浜Fマリノス ユニフォームです。2017仕様。レプリカモデル。ホーム ユニフォーム。

2017年10月21日(土)の明治安田生命J1リーグ第30節の試合で横浜F・マリノスと鹿島アントラーズが対戦しました。試合結果は3-2で終了しました。得点者は下記のように。

・3分 1-0 伊藤翔(横浜FM)
・14分 2-0 天野純(横浜FM)
・45+2分 2-1 山本脩斗(鹿島)
・66分 2-2 植田直通(鹿島)
・74分 3-2 オウンゴール(横浜FM)

横浜Fマリノスのサッカー選手は2017スペシャルユニフォームを着用しました。

今回は横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカを紹介いたします。横浜Fマリノス ユニフォーム 2017にご興味がある方は是非ご覧ください。

yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-front

【デザインについて】

2017 横浜FM ホーム ユニフォームは『スピードオブトリコロール』をデザインコンセプトに、現代フットボールの勝利に必要不可欠なスピードを、マリノスブルーを中心とした「スピードグラフィック」で大胆に表現しています。

港町横浜、トリコロールのプライドを、白のスリーストライプスと赤のアクセントカラーで表現しています。ユニフォームの襟口と袖口は赤のアクセントカラーにバランスよく入りました。

特徴のアディダス「三本線」は脇の下に配置しています。

パンツは白基調に、ソックスは赤です。

購入はこちらへ。

川崎フロンターレ 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 マーキング対応

川崎フロンターレ 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 マーキング対応

「プーマ」の川崎フロンターレ ユニフォームです。2017モデル。レプリカモデル。ホーム ユニフォーム。販売価格:¥5,500円(税込)

kawasakihome2017front

デザインについて:2017 川崎フロンターレ ユニフォーム ホーム(1st) 半袖は、フロンターレブルーを基調にしたピンストライプ柄を採用しました。また、節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるよう、クラブ初の全身フロンターレブルーのデザインを採用しています。

マーキングについて:背ネーム、背番号や胸番号を加工することができます。(料金別途)

商品特徴:
・選手着用モデルと同仕様のレプリカモデルの為、横幅の絞ったシルエットを採用しています。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付けています。
・右胸にメーカーロゴをプリントしています。
・胸前のスポンサーロゴーはプリントです。

20170828094125

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

41qay_holdl._sy355_

デザイン:ヴィッセル神戸が2017シーズンの新ユニフォームを発表しました。胸スポンサーは「楽天」。サプライヤーは前モデルに続き「アシックス」。アウェイ(2nd)は総体はシンプルなデザインを採用します。汗を素早く吸収し、拡散・乾燥させる高い汗処理性能を持つ快適素材『フィールドセンサー』をメイン素材に採用しており、NEWモデルもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。

特徴:アウェイユニフォームは定番の白を基調にデザインしました。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍し、クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。胸には「®Rakuten」(「楽天」)、背中には「川崎重工」、背中裾には「アンリ・シャルパンティエ」、袖には「NOEVIR」のスポンサーをプリントします。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

購入のリンク:ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

xs009x-vk23
ホームユニフォームはクラブカラーであるクリムゾンレッドを基調に、伝統的なストライプを採用します。全体にエンブレムから始まる瀬戸内の幾重にも続く穏やかな波を表現しています。背面にはチームとサポーターが一つになるという想いを込めて、神戸の夜景から「ポートタワー」をイメージした赤い蛍光色のライン。そこに入れられたクラブアイデンティティの『KOBE FOREVER FORWARD』の文字は、ヴィッセルだけではなく、神戸の街・人すべてが立ち止まることなく、永遠に前進し続けていきたいという思いを表しています。

【特徴】
クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍します。メイン素材には汗を素早く吸収し、通気の性能を持っている快適な素材『フィールドセンサー』を採用し、今シーズンもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。
ヴィッセル神戸 ユニフォーム

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

川崎フロンターレの基本情報をご覧ください。

創設: 1955年
監督: 鬼木達
本拠地: 等々力陸上競技場
本拠地: 川崎市
所属リーグ: J1リーグ
次は2017新シーズンのアウェイユニフォームを紹介いただきます。

2017KAWAZAKIAWAYFRONT

川崎フロンターレのアウェイユニフォームはホワイトを基調にデザインしました。正面に『Paint it Blue』のコンセプトを大胆に表現したグラフィックを配しており、その中に川崎市の7区それぞれの地形やマスコットの「カブレラ」が密かに描かれています。襟の部分は高級なブラックを採用してデザインしました。この部分はホームユニフォームは同じですよ。ほかのスポンサー部分はいずれも続きなので胸の「arrows」、背中上部の「SMBC日興証券」、背中下部の「ニフティ」、袖の「富士通マーケティング」ロゴをバランスよく入れます。

参考:

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

柏レイソル 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 絶賛発売中

柏レイソル 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 絶賛発売中

柏レイソルは、日本の千葉県柏市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。
・本拠地: 日立柏サッカー場
・監督: 下平隆宏
・本拠地: 柏市
・所属リーグ: J1リーグ
・設立: 1940年
今日は2017新シーズンの柏レイソルホーム半袖ユニフォームを全面的に紹介します。
では、写真を見ながら、下記の内容を読んでください。
2017KASHIMAHOMEBACK 2017KASHIWAHOMEFRONT

ご覧のように、ホームはクラブカラーである黄色を基調に、世界の地平線から太陽(レイソル)が昇っていく様子を表現したグラデ―ションを採用しています。

引き続き全身黄色のコーディネートだが、ここ数年に比べると黒が多く取り入れられている印象です。

スポンサーは仮とのことだが、背中下部に2016シーズン途中から契約した「ジールホールディングス」。

襟に「柏から世界へ ENDLESS TRIP TO ASIA」のメッセージを入れることにより、 チーム、サポーター、スポンサーなどクラブに関わるすべての人々の熱い気持ちが込められています。

以上。

補足:柏レイソルは基本的に2年ごとにユニフォームのデザインを更新しておりますから、つまり今回の新ユニフォームも2018年まで使う可能性が高いかもしれませんよ。で、購入URL:

https://jfashop.com/kashiwa-reysol-2017-uniform-home.html

セレッソ大阪 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 発売中

セレッソ大阪 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 発売中

【チーム概要】
  •   チーム名:セレッソ大阪(Cerezo Osaka)
  •   略称:C大阪
  •   監督:大熊清
  •   設立:1957年
  •   スタジアム:長居陸上競技場
  •   備考:セレッソとはスペイン語で桜を指す語。
  •   所在地:日本の大阪府大阪市、堺市
  •   所属:J1リーグ

CEREZOHOMEFRONT CEREZOHOMEBACK

(写真イメージ)

上記の内容はセレッソ大阪の基本情報です。セレッソ大阪を応援するファンたちはきっと頭の中に暗記しておきているでしょう。

では、次は、大ファンたちすごく関心の2017新たなシーズンのセレッソホーム半袖ユニフォームを紹介させていただきます。

写真を見ながら、下記の内容をご覧ください。

★C大阪の2017モデルは、肩から袖にかけて入れられたプーマ伝統の「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現しています。

☆正面には、「プレーヤーがサポーターとともに目指す “勝利” 」を表現した12本の “V” 型ボーダーストライプが施されています。

★右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムは織りワッペン縫い付けています。

☆両袖のメーカーロゴは織りワッペン縫い付けています。

★スポンサーがいずれも継続するとみられます。(胸の「ヤンマー」、背中上部の「日本ハム」、背中下部の「シンハーコーポレーション」、袖の「大日本除虫菊」、パンツの「サンユー都市開発」)

以上。

購入URL:(参考のため)

https://jfashop.com/cerezo-osaka-2017-uniform-home.html

 

 

浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

平成29年3月21日、今日は2017シーズンの浦和レッズのアウェイ半袖ユニフォームを紹介させて頂きます。

F171NK0218

(上図は写真イメージ)

⇒カラーは黄色を採用する。

⇒胸のスポンサーは「ポラス」をプリントしている。

⇒「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移る。

⇒背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいる。

上記の内容は見た目の商品特徴です。

デザインコンセプト概要は次です。

◆アウェイは、初のボルトカラーを採用。クラブエンブレムに使用されている黄色のサッカーボールからインスピレーションを得たインパクトのあるカラーがLIGHT SPEEDを表現している。

◇黄色の持つ特徴としてWARNIGやCAUTIONといった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和イレブンが敵地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることをイメージしているとのことだ。

 

FC東京 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 新入荷

FC東京 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 新入荷

FC東京は、日本の東京都をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。
本拠地: 東京スタジアム
本拠地: 東京都
所属:J1リーグ
設立: 1935年
練習場: FC東京深川グランド、 FC東京小平グラウンド
FC東京の基本情報を以上のように、次のは2017シーズンの最新FC東京アウェイユニフォームを紹介させていただきます。

F171UM0486F171UM0486_4

(写真イメージ)

デザインコンセプト:

△アウェイは定番のホワイトを基調に作成しました。

▲クールでスタイリッシュなシルバーをベースカラーに採用し、今季のデザインコンセプトである『躍進』をボーダー柄で表現しています。

△さらに、プレーヤーの力強い躍動感をイメージした“パワーレッド”をアクセントカラーとして新たに採用しています。

▲躍動感のある力強さをエネルギー感あふれるグラフィックで表すことにより、東京からアジア、そして世界へ大きく飛躍するイメージを表現しています。

購入アドレス:

https://jfashop.com/fc-tokyo-uniform-2017-away.html

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 在庫アル

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 在庫アル

前回はサンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖を紹介しましたが。次はもちろんサンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖を紹介しなければなりません。(以下は写真イメージ参照)

SanfrecceHiroshimaawayfront2017SanfrecceHiroshimaawayback2017

◆ご覧のように、アウェイはクラブ創立25周年とリーグ25周年を祝し、クラブのフラッグに用いられている緑からインスピレーションを得たベノムグリーンを採用して作成します。「LIGHT SPEED」を表現しました。抜群なデザインですね。

◆アクセントにクラブカラーのパープルを活用しアウェイの地でもクラブの誇りを持って戦うという思いが込められたデザインを採用します。

◆スポンサーはいつもの通りで、「広島銀行」を追加します。

◆左袖に25周年記念ロゴがバランスよくプリントしています。

商品URL▼

https://jfashop.com/sanfrecce-hiroshima-2017-uniform-away.html