京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFCは日本の京都府をホームタウンとする、日本のプロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。京都の伝統のクラブの象徴である「紫」と「白」で統一することにより、一体感を表します。

サイド部分はクロスするエッジで、力の強さと結束力を表現します。選手は最高のパフォーマンスと個性を発揮するために、CW-X独自のテクノロジーを採用し、軽量化と快適さを追求します。観戦する時着用レプリカ ユニフォームで、横幅の余裕のあるシルエットを採用します。

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16購入はこちら⇒京都サンガFC ユニフォーム

 

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

2014ユニフォームは赤をベースに変形クルーネックでデザインしました。首も首元後ろの裏側にはメンーバの決心を表した「NEVER GIVE UP」の文字が入ります。スポンサーのTOYOTA、豊田通商、DENSOのロゴを胸、袖、背中にプリントされました。

ユニフォームのコンセプトである「Brilliance-Chemistry」で、日本語で勝利への化学反応の意味です。それに、”選手の個性がひとつにまとまり栄光に向かってゆく様”を、イメージカラーとスピード感あるグラフィックデザインで表現しました。

田中マルクス闘莉王選手専用だから、彼の代表番号がプリントされました。

田中マルクス闘莉王選手の大ファンだったら、このユニフォームを身にまとい、名古屋グランパスへのご声援よろしくお願い致します。

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

2014 名古屋グランパス ユニフォーム購入はこちら⇒名古屋グランパス ユニフォーム

2014 鹿島アントラーズ ユニフォーム アウェイ 販売中

2014 鹿島アントラーズ ユニフォーム アウェイ 販売中

2014 鹿島アントラーズ ユニフォーム アウェイはホームと同じデザインで鹿島神宮の鹿からインスピレーションから、クラブ史上初のチェック柄を使います。カラーリングには、アントラーズの16冠ですが、11冠目以降の6つのタイトルのうち5回が白を着用しましたから、ビクトリーホワイトを採用して、それに、クラブエンブレムのグレーも使って、鹿の背中の模様を表現したチェックでシャツ全面に広がるデザインになりました。クラブ史上初め、Vネックと袖には、アクセントとしてゴールドが使用されています。スポンサーのLIXIL、イエローハット、アイフルホームは胸、背中、パンツ左に付いています。

鹿島アントラーズが気に入ったら、鹿島アントラーズのユニフォームを身にまとい、比引き続き鹿島アントラーズへのご声援よろしくお願い致します。

f141nk0234 (1)

2014 鹿島アントラーズ ユニフォーム アウェイ購入はこちら⇒鹿島アントラーズ ユニフォーム

水戸ホーリーホック 2016 新ユニフォーム 販売開始

水戸ホーリーホック 2016 新ユニフォーム 販売開始

水戸ホーリーホックは2016シーズンの新ユニフォームを発表しました。サプライヤーは「GAViC」となります。

ホームユニフォームは青を基調し、ホワイトピンストライプが全身に配置しました。肩部分も白が使用されます。選手は着用するユニフォームより横幅の余裕がある設計を採用します。胸にはスポンサーのろそがあります。

水戸ホーリーホック 2016 新ユニフォーム_2016__2_2

水戸ホーリーホック 2016 新ユニフォーム購入はこちら⇒水戸ホーリーホック  ユニフォーム

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

三浦知良は静岡県出身のプロサッカー選手で、今は横浜FCに所属します。プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手です。

三浦知良選手は93-95年間に当時の川崎読売でサッカーをプレーしました。93-95年のユニフォームは今記念版として販売しています。ユニフォームは右胸から濃淡の違い発散したラインは前身に広がります。三浦選手の11番の背番号もプリントされます。

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版購入はこちら⇒川崎フロンターレ ユニフォーム

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

2015 ユニフォームは前シーズンのユニフォームで使用した新旧2色のブルーを使い続け、前にはパターンが付いていました。

ユニフォームにはクラブの象徴であるトリコロールを使って、新シーズンの優勝に輝く決意を表しました。クラブのメインコンセプトにした「マリノスゴールド」に3ストライプスを用いられます。

クラブのアイデンティティーであるトリコロールのデザインは襟・袖・裾の元部分にも表現されました。ドット柄はユニフォームに個性を与えました。

中村俊輔選手専用のユニフォームですから、彼の番号と名前がプリントされました。中村俊輔好きな皆さんはこのユニフォームを着って、行き続き中村俊輔のご声援よろしくお願い致します。

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 10番 中村俊輔 ユニフォーム購入はこちら⇒横浜Fマリノス ユニフォーム

FC東京 2015 ユニフォーム ホーム GK▼#1.権田修一

FC東京 2015 ユニフォーム ホーム GK▼#1.権田修一

2015シーズンのFC東京ユニフォームはサプライヤーがこれまでのadidasからUmbroに変更しました。ゴールキーパーの権田選手のユニフォームのカラーは黒を基調します。

正面にはレッド、ブルー、グレーのストライプを採用し、背面にはグレーのストライプがあります。

FC東京 2015 ユニフォーム ホーム GK▼#1.権田修一

アルビレックス新潟 2016 新ユニフォーム発表

アルビレックス新潟 2016 新ユニフォーム発表

アルビレックス新潟は2016シーズンの新ユニフォームを発表しました。胸スポンサーは「亀田製菓」から亀田製菓の商品「ハッピーターン」に変更しました。サプライヤーは「adidas」です。

デザインのテーマは「伝統」と「革新」です。ホームはオレンジ基調で、襟、胸、袖部分はクラブ史上初の紺を使用します。

アルビレックス新潟 2016 新ユニフォーム

V・ファーレン長崎 2016 新ユニフォーム 発表

V・ファーレン長崎 2016 新ユニフォーム 発表

2016シーズンのV・ファーレン長崎新ユニフォームは発表しました。サプライヤーは「hummel」です。

ホームユニフォームはオレンジの基調で、青色のV字パネル、細かいラインの交差で、「結束」というテーマを表現します。チーム、選手、サポーター、また長崎の民衆と一緒に手を繋いで、サッカーの文化、そして、長崎の文化に貢献します。

V・ファーレン長崎 2016 新ユニフォーム

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 販売

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 販売

2015シーズンの横浜F.マリノス ユニフォーム ホームは販売しています。サプライヤーは「adidas」です。スポンサーは「NISSAN」となります。

前のモデルと比べると、アディダスの三本線はホワイトからゴールドに変更しました。2014シーズンの袖口の部分のレッドがなくなり、裾の部分はレッドのラインがデザインされました。

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 購入