サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 登場

サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 登場

サガン鳥栖

所属:J1リーグ

サガン鳥栖は、日本の佐賀県鳥栖市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

サガン鳥栖の基本情報を了解して、次はサガン鳥栖 2017 ホーム ユニフォームを紹介します。

 SANGANTOSUHOME2017FRONT

(表)

SANGANTOSUHOME2017BACK

(裏)

デザインコンセプト概要:

①鳥栖の2017シーズンに向けた新ユニフォームは、『アクセラレーション(加速力)』がコンセプトです。「さらなる進化を加速させる」という思いが込められたデザインです。

②ホームはオーセンティックなボールドボーダーを脇にかけて細く描き、白を配色することにより、スリムでスピード感を強調します。

③伝統的なサガンブルー、サガンピンクを基調とすることによりクラブの歴史を保ちつつ新しいコンセプトである『加速力』を表現しています。

サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 購入

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 情報

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 情報

サンフレッチェ広島F.C(サンフレッチェひろしまエフシー、英: Sanfrecce Hiroshima F.C)は、広島県広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

ご期待のように、サンフレッチェ広島 最新シーズンあるいは、2017新ユニフォームが登場した。それに、クラブの25さい誕生日も迎え!

#ホームはマツダサッカークラブ(旧東洋工業サッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザインを採用。

#ストライプの線の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを表現。遠近によってグラデーションの見え方が異なるという特徴的なグラフィックとなっている。

#クラブ創立25周年を表すロゴがユニフォームの左袖に刻まれている、

HIROSHIMA

#サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖#

ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 新デザイン登場

ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 新デザイン登場

ガンバ大阪 2017シーズンの新ユニフォームを登場しましたよ、ガンバ大阪を応援する大ファンたちはご存知でしょうか。

前の記事:ガンバ大阪は昨季、待望の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」がオープン。真新しいホームでリーグタイトルの奪還を狙ったが、4位でのACL出場権獲得にとどまった。

今季はガンバ大阪の素晴らしい表現を一緒に楽しみくださいね~

それから、2017シーズンの戦闘服紹介。

Ⅰホーム(1st)は、チームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用しています。

Ⅱピンストライプで表現したアクセントカラー“テックブルー”には、その輝きを失わない強い意志と願いが込められています。

以上。

GAMBA

@ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

 

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 25周年記念

浦和レッズ 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 25周年記念

今日は浦和レッズ 2017シーズンのユニフォームを紹介します。浦和レッズを応援するファンたちはぜひご覧くださいね~

ご存知のように、2017年(平成29年)は浦和レッズクラブ設立25才の誕生日だから、今年の新ユニフォームはデザインコンセプトもここからですよ。

◆ホームはの以下のイメージのように、クラブ設立25周年を表す“25”をローマ数字“XXV”で表現した大胆なグラフィックを採用しています。それぞれのピンストライプの束は12本で形成されており、チームワークやファン・サポーターとの結束を表しています。

diamonds

◆中央の大きなダイヤモンドの中に縦に描かれている25本のストライプもまた25周年を表現し、太さの違うピンストライプの先端部分を鋭く描く事で、流れる様なスピード感と躍動感をイメージしました。

◆ユニフォームの裾にはクラブの誇り「We are REDS!」をトーナル色で表現し、クラブとサポーターをつなぐシンボル(ハートの12)が、ユニフォームの内側に縫い付けられています。

◆。。。。。。

こんなに、すごく立派な1点で、ここでお持ち帰りできますよ。

浦和レッズ 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#5.槙野智章

浦和レッズ 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#5.槙野智章

槙野 智章は、広島県広島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー。

浦和レッズ 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ ▼#5.槙野智章

シーズン:2016

マーキング:可能

デザインコンセプト:浦和レッズ 2016 ユニフォームホーム半袖レプリカは史上初めてストライプを使用し、埼玉スタジアムの芝の象徴とファン・サポーターの強い情熱を考えられます。首元にはアジア王者となった2007年ユニフォームの白黒の配色を採用します。

商品特徴

  • 観戦用に作られたレプリカモデルの為、横幅にゆとりがある設計を採用します。
  • ボーダー柄がクラブ史上初て採用され、浦和レッズのエンブレムの上のストライプからインスピレーションからデザインしました。
  • 伝統のクラブカラーである赤をベースに、胸元に目立っているブラックを用いてインパクトと力強さを表現します。
  • 2色のストライプは、ホームである埼玉スタジアムの芝の美しさ、ファンとサポーターの強い情熱を表現します。
  • 首元にはクラブエンブレムに使用している黒と白の配色を採用します。
  • 浦和レッズの槙野智章は高い身体能力と闘争心を持ち、1対1の局面でも強くて、コーチングに優れる選手と言われます。

f16snk0104

横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖 #11番 三浦知良

横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖 #11番 三浦知良

横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama FC)は、日本の神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

このたび横浜FCでは、横浜市の政令指定都市移行60周年を記念し、「横浜市政令指定都市移行60周年記念ユニフォーム」を製作、販売いたします。今後も横浜FCでは横浜市をホームタウンとするクラブとしての強い誇りを胸にJリーグを戦ってまいります。

横浜FCのホームタウンである横浜市の象徴ともいえる海、そしてサッカーボールをモチーフに幾何学的なイメージでデザインいたしました。
海水面の輝きを連想させる模様、また模様全体の曲線で波のうねりを表現しています。
また、小さな三角形5つによって構成される大きな六角形でサッカーボールを表現しました。
海の輝き、サッカーボールの美しさを融合させたデザインとしたことで、横浜市とサッカーとの強い絆、横浜市と横浜FCとの強い繋がりもあわせて表現いたしました。

右袖Jリーグマーク下には横浜FCのホームタウンである「YOKOHAMA」の文字が入り、ホームタウンと共に飛躍する意思を表現しています。横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖はNo.11KAZU選手のネーム・ナンバー入り!この1枚をオ持ち帰りたい方はこの機会をお見逃しなく!

yokohama60