ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

41qay_holdl._sy355_

デザイン:ヴィッセル神戸が2017シーズンの新ユニフォームを発表しました。胸スポンサーは「楽天」。サプライヤーは前モデルに続き「アシックス」。アウェイ(2nd)は総体はシンプルなデザインを採用します。汗を素早く吸収し、拡散・乾燥させる高い汗処理性能を持つ快適素材『フィールドセンサー』をメイン素材に採用しており、NEWモデルもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。

特徴:アウェイユニフォームは定番の白を基調にデザインしました。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍し、クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。胸には「®Rakuten」(「楽天」)、背中には「川崎重工」、背中裾には「アンリ・シャルパンティエ」、袖には「NOEVIR」のスポンサーをプリントします。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

購入のリンク:ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

xs009x-vk23
ホームユニフォームはクラブカラーであるクリムゾンレッドを基調に、伝統的なストライプを採用します。全体にエンブレムから始まる瀬戸内の幾重にも続く穏やかな波を表現しています。背面にはチームとサポーターが一つになるという想いを込めて、神戸の夜景から「ポートタワー」をイメージした赤い蛍光色のライン。そこに入れられたクラブアイデンティティの『KOBE FOREVER FORWARD』の文字は、ヴィッセルだけではなく、神戸の街・人すべてが立ち止まることなく、永遠に前進し続けていきたいという思いを表しています。

【特徴】
クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍します。メイン素材には汗を素早く吸収し、通気の性能を持っている快適な素材『フィールドセンサー』を採用し、今シーズンもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。
ヴィッセル神戸 ユニフォーム

柏レイソル 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 絶賛発売中

柏レイソル 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 絶賛発売中

柏レイソルは、日本の千葉県柏市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。
・本拠地: 日立柏サッカー場
・監督: 下平隆宏
・本拠地: 柏市
・所属リーグ: J1リーグ
・設立: 1940年
今日は2017新シーズンの柏レイソルホーム半袖ユニフォームを全面的に紹介します。
では、写真を見ながら、下記の内容を読んでください。
2017KASHIMAHOMEBACK 2017KASHIWAHOMEFRONT

ご覧のように、ホームはクラブカラーである黄色を基調に、世界の地平線から太陽(レイソル)が昇っていく様子を表現したグラデ―ションを採用しています。

引き続き全身黄色のコーディネートだが、ここ数年に比べると黒が多く取り入れられている印象です。

スポンサーは仮とのことだが、背中下部に2016シーズン途中から契約した「ジールホールディングス」。

襟に「柏から世界へ ENDLESS TRIP TO ASIA」のメッセージを入れることにより、 チーム、サポーター、スポンサーなどクラブに関わるすべての人々の熱い気持ちが込められています。

以上。

補足:柏レイソルは基本的に2年ごとにユニフォームのデザインを更新しておりますから、つまり今回の新ユニフォームも2018年まで使う可能性が高いかもしれませんよ。で、購入URL:

https://jfashop.com/kashiwa-reysol-2017-uniform-home.html

清水エスパルス 2017 ホーム 半袖 ユニフォーム 概要

清水エスパルス 2017 ホーム 半袖 ユニフォーム 概要

清水エスパルス

  • 本拠地:静岡市清水日本平運動公園球技場
  • 所属:J1リーグ
  • 設立:1991年

清水エスパルスを応援するファンたち存知のように、清水エスパルスは日本の静岡県静岡市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

みんなの期待に伴い、2017シーズンの清水エスパルス ホーム 新ユニフォームはいよいよ登場!新シーズンのユニフォームは「もう一度強いエスパルスを創りあげる」べく、Jリーグのステージや天皇杯、さらにはアジアカップウィナーズカップをも制した1999年~2001年のモデルをベースとしたデザインを採用した。

SHIMIZUHOMEFRONT

(表面イメージ)

SHIMIZUHOMEBACK

(裏面イメージ)

デザインコンセプト概要

〈1〉清水らしいオレンジと黄色の配色でカモフラージュ(迷彩)柄を基調に、伝統の地図柄も配置。カモ柄の中には『静岡県』の形が含まれており、その地図の静岡・清水の位置にクラブロゴを入れている。

〈2〉クラブのオフィシャルマスコット「パルちゃん」のシルエットも!

〈3〉25周年らしい豪華な仕上がりだ。「25th anniversary」も入り。

〈4〉肩から袖にかけて入れられたプーマ伝統のアパレルフォームストライプは、他のプーマ勢と同じくドット柄。最新のグローバルモデルを採用することにより、“復刻”ながら現代的で洗練されたシルエットのユニフォームとなっている。

〈5〉スポンサーは、胸の「SUZUYO」(鈴与)、背中上部の「IAI」(アイエイアイ)、左袖の「JAL」(日本航空)がいずれも継続するとみられる。

@清水エスパルス 2017 ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 登場

サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 登場

サガン鳥栖

所属:J1リーグ

サガン鳥栖は、日本の佐賀県鳥栖市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。

サガン鳥栖の基本情報を了解して、次はサガン鳥栖 2017 ホーム ユニフォームを紹介します。

 SANGANTOSUHOME2017FRONT

(表)

SANGANTOSUHOME2017BACK

(裏)

デザインコンセプト概要:

①鳥栖の2017シーズンに向けた新ユニフォームは、『アクセラレーション(加速力)』がコンセプトです。「さらなる進化を加速させる」という思いが込められたデザインです。

②ホームはオーセンティックなボールドボーダーを脇にかけて細く描き、白を配色することにより、スリムでスピード感を強調します。

③伝統的なサガンブルー、サガンピンクを基調とすることによりクラブの歴史を保ちつつ新しいコンセプトである『加速力』を表現しています。

サガン鳥栖 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 購入

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖新ユニフォームは発表され、サプライヤーは「New balance」で、胸スポンサーは「DHC」です。このユニフォームは「伝統」と「革新」をサガンブルーとサガンピンクで表現し、シンプルかつスタイリッシュに仕上げたデザインです。

ユニフォームの横に広がるピンクのラインは選手・サポーターとの団結を表し、背中やソックスのグラデーションはサガンブルーに染まっていく段階的な進化を示しています。

サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。そして、左胸にはサガン鳥栖のエンブレムを縫い付けています。ピンクとブルーはサガン鳥栖の伝統的カラーで、非常に穏やかな印象を伝えます。吸汗速乾性に強い素材を使用します。

元気かつ活躍感のあるサガン鳥栖新ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

F161NQ0573

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪は2016シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカのデザインにはドルトムントの15/16シーズンのホームモデルと連動したピンストライプのボーダーグラフィックを採用しました。

新ユニフォームの裾にはシャツを出して着用した際にデザインアクセントになりますよう、パイピンクを採用しました。右袖には「明治安田生命Jリング」エンブレムをプリントして、フロントと背面のスポンサーロゴは昇華プリントしました。そのほか、ナンバーや選手名にはピッチ上のラインをイメージして作られたというPumaの新フォントを採用しました。胸番号は「背番号」で表示されている番号が入ります。

元気かつ活躍感のあるセレッソ大阪 2016 ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルスは2014シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカは『LOVE FOOTBALL LOVE SHIZUOKA』を合言葉にデザインしました。

新ユニフォームはクラブカラーであるオレンジにアクセントとして黒を配置したボーダー柄を採用していました。また、清水の代名詞と言っても過言ではない「地図柄」は今回、これまでのように前面ではなく背面のみに描かれました。

そのほか、ナンバーや選手名にはピッチ上のラインをイメージして作られたというPumaの新フォントを採用しました。特に背番号は複数のラインでデザインされています。

元気かつ活躍感のある清水エスパルスユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

ファジアーノ岡山 2016 新ユニフォーム ホーム 半袖 発表

ファジアーノ岡山 2016 新ユニフォーム ホーム 半袖 発表

ファジアーノ岡山は2016シーズンの新ユニフォームを発表しました。サプライヤーは「Penalty」で、胸スポンサーは「グロップ」です。

新ユニフォームのデザインのコンセプトは「飛躍」で、襷模様を採用します。裾から上に色の変化で「飛躍」のコンセプトを表現します。

ホームは相変わらずファジレッドを採用します。

ファジアーノ岡山2016新ユニフォーム

ロアッソ熊本2016新ユニフォーム発表

ロアッソ熊本2016新ユニフォーム発表

2016シーズンのロアッソ熊本ユニフォームは発表しました。サプライヤーは「Puma」です。

ホームはレッドを基調し、襟、肩、袖が白となっています。胸スポンサーは高橋酒造の「白岳」のロゴが付いています。背番号の下には熊本のシンボル「くまモン」があります。

ロアッソ熊本2016新ユニフォーム発表