サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖新ユニフォームは発表され、サプライヤーは「New balance」で、胸スポンサーは「DHC」です。このユニフォームは「伝統」と「革新」をサガンブルーとサガンピンクで表現し、シンプルかつスタイリッシュに仕上げたデザインです。

ユニフォームの横に広がるピンクのラインは選手・サポーターとの団結を表し、背中やソックスのグラデーションはサガンブルーに染まっていく段階的な進化を示しています。

サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。そして、左胸にはサガン鳥栖のエンブレムを縫い付けています。ピンクとブルーはサガン鳥栖の伝統的カラーで、非常に穏やかな印象を伝えます。吸汗速乾性に強い素材を使用します。

元気かつ活躍感のあるサガン鳥栖新ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

F161NQ0573

清水エスパルス 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルス 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルスは2016シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

清水エスパルス 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカは昨季のデザインに引続いて、クラブ創設当初(1992年~1996年)に使用していたユニフォームの配色を基調として、大陸 と海のカラーを描けました。エスパルスらしさを表現しています。

新ユニフォームの右袖には「明治安田生命Jリーグ」エンブレムが付きます。協会エンブレムはワッペン圧着で、メーカーロゴは刺繍です。サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用します。

激安価格で、人気なエスパルス 2016 ユニフォームを激安にお求め頂きたい方にオススメ!

清水エスパルスは2016シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪は2016シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカのデザインにはドルトムントの15/16シーズンのホームモデルと連動したピンストライプのボーダーグラフィックを採用しました。

新ユニフォームの裾にはシャツを出して着用した際にデザインアクセントになりますよう、パイピンクを採用しました。右袖には「明治安田生命Jリング」エンブレムをプリントして、フロントと背面のスポンサーロゴは昇華プリントしました。そのほか、ナンバーや選手名にはピッチ上のラインをイメージして作られたというPumaの新フォントを採用しました。胸番号は「背番号」で表示されている番号が入ります。

元気かつ活躍感のあるセレッソ大阪 2016 ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

清水エスパルスは2014シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカは『LOVE FOOTBALL LOVE SHIZUOKA』を合言葉にデザインしました。

新ユニフォームはクラブカラーであるオレンジにアクセントとして黒を配置したボーダー柄を採用していました。また、清水の代名詞と言っても過言ではない「地図柄」は今回、これまでのように前面ではなく背面のみに描かれました。

そのほか、ナンバーや選手名にはピッチ上のラインをイメージして作られたというPumaの新フォントを採用しました。特に背番号は複数のラインでデザインされています。

元気かつ活躍感のある清水エスパルスユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

清水エスパルス 2014 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

ジュビロ磐田 2016 ユニフォーム ホーム レプリカ 販売中

ジュビロ磐田 2016 ユニフォーム ホーム レプリカ 販売中

ジュビロ磐田の2016シーズンの新ユニフォームは発表しました。胸のスポンサーは「YAMAHA」で、サプライヤーは「Puma」です。

ホームはサックスブルーと青を基調し、襟はクールネックで、袖口はホワイトを採用します。肩から袖にかけてPumaの伝統的な「アパレルフォームストライプ」が入っています。

ジュビロ磐田 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

ジュビロ磐田 2016 ユニフォーム購入はこちら⇒ジュビロ磐田 ユニフォーム

 

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFCは日本の京都府をホームタウンとする、日本のプロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。京都の伝統のクラブの象徴である「紫」と「白」で統一することにより、一体感を表します。

サイド部分はクロスするエッジで、力の強さと結束力を表現します。選手は最高のパフォーマンスと個性を発揮するために、CW-X独自のテクノロジーを採用し、軽量化と快適さを追求します。観戦する時着用レプリカ ユニフォームで、横幅の余裕のあるシルエットを採用します。

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16購入はこちら⇒京都サンガFC ユニフォーム

 

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

2014ユニフォームは赤をベースに変形クルーネックでデザインしました。首も首元後ろの裏側にはメンーバの決心を表した「NEVER GIVE UP」の文字が入ります。スポンサーのTOYOTA、豊田通商、DENSOのロゴを胸、袖、背中にプリントされました。

ユニフォームのコンセプトである「Brilliance-Chemistry」で、日本語で勝利への化学反応の意味です。それに、”選手の個性がひとつにまとまり栄光に向かってゆく様”を、イメージカラーとスピード感あるグラフィックデザインで表現しました。

田中マルクス闘莉王選手専用だから、彼の代表番号がプリントされました。

田中マルクス闘莉王選手の大ファンだったら、このユニフォームを身にまとい、名古屋グランパスへのご声援よろしくお願い致します。

名古屋グランパス 2014 ユニフォーム 4番 田中マルクス闘莉王 ホーム 半袖 レプリカ

2014 名古屋グランパス ユニフォーム購入はこちら⇒名古屋グランパス ユニフォーム

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

2015 ユニフォームは前シーズンのユニフォームで使用した新旧2色のブルーを使い続け、前にはパターンが付いていました。

ユニフォームにはクラブの象徴であるトリコロールを使って、新シーズンの優勝に輝く決意を表しました。クラブのメインコンセプトにした「マリノスゴールド」に3ストライプスを用いられます。

クラブのアイデンティティーであるトリコロールのデザインは襟・袖・裾の元部分にも表現されました。ドット柄はユニフォームに個性を与えました。

中村俊輔選手専用のユニフォームですから、彼の番号と名前がプリントされました。中村俊輔好きな皆さんはこのユニフォームを着って、行き続き中村俊輔のご声援よろしくお願い致します。

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 10番 中村俊輔 ユニフォーム購入はこちら⇒横浜Fマリノス ユニフォーム

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 ユニフォーム ホーム1994 は1992年のユニフォームをモデルとしてデザインしました。当時の時代背景にとって、Jチームはすべて派手なデザインのユニフォームだったから、派手な桜色を採用して、デザインしました。お目に見えたように、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。また、水都大阪をイメージしたため、水色のデザインも入りました。背番号の書体も他のチームと違って、独特な曲線の書体を採用しました。

ミズノは当時全チームのサイプライヤーであります。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーのンプリントがあります。

初代のアウェイユニフォームは、ホーム用と濃淡の違う桃色を採用して、袖元に水色のストライプを採用しました。それに、ホーム背中の花びらのデザインがアウェイ用では使っていません。これは視覚的な問題からだと言われます。

セレッソ大阪 ユニフォーム を身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご声援よろしくお願い致します。

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ