横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖 #11番 三浦知良

横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖 #11番 三浦知良

横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama FC)は、日本の神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

このたび横浜FCでは、横浜市の政令指定都市移行60周年を記念し、「横浜市政令指定都市移行60周年記念ユニフォーム」を製作、販売いたします。今後も横浜FCでは横浜市をホームタウンとするクラブとしての強い誇りを胸にJリーグを戦ってまいります。

横浜FCのホームタウンである横浜市の象徴ともいえる海、そしてサッカーボールをモチーフに幾何学的なイメージでデザインいたしました。
海水面の輝きを連想させる模様、また模様全体の曲線で波のうねりを表現しています。
また、小さな三角形5つによって構成される大きな六角形でサッカーボールを表現しました。
海の輝き、サッカーボールの美しさを融合させたデザインとしたことで、横浜市とサッカーとの強い絆、横浜市と横浜FCとの強い繋がりもあわせて表現いたしました。

右袖Jリーグマーク下には横浜FCのホームタウンである「YOKOHAMA」の文字が入り、ホームタウンと共に飛躍する意思を表現しています。横浜FC 2016 ユニフォーム 横浜市政令指定都市移行60周年記念 半袖はNo.11KAZU選手のネーム・ナンバー入り!この1枚をオ持ち帰りたい方はこの機会をお見逃しなく!

yokohama60

 

 

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

三浦知良は静岡県出身のプロサッカー選手で、今は横浜FCに所属します。プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手です。

三浦知良選手は93-95年間に当時の川崎読売でサッカーをプレーしました。93-95年のユニフォームは今記念版として販売しています。ユニフォームは右胸から濃淡の違い発散したラインは前身に広がります。三浦選手の11番の背番号もプリントされます。

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版購入はこちら⇒川崎フロンターレ ユニフォーム