93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

三浦知良は静岡県出身のプロサッカー選手で、今は横浜FCに所属します。プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手です。

三浦知良選手は93-95年間に当時の川崎読売でサッカーをプレーしました。93-95年のユニフォームは今記念版として販売しています。ユニフォームは右胸から濃淡の違い発散したラインは前身に広がります。三浦選手の11番の背番号もプリントされます。

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版購入はこちら⇒川崎フロンターレ ユニフォーム

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 ユニフォーム ホーム1994 は1992年のユニフォームをモデルとしてデザインしました。当時の時代背景にとって、Jチームはすべて派手なデザインのユニフォームだったから、派手な桜色を採用して、デザインしました。お目に見えたように、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。また、水都大阪をイメージしたため、水色のデザインも入りました。背番号の書体も他のチームと違って、独特な曲線の書体を採用しました。

ミズノは当時全チームのサイプライヤーであります。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーのンプリントがあります。

初代のアウェイユニフォームは、ホーム用と濃淡の違う桃色を採用して、袖元に水色のストライプを採用しました。それに、ホーム背中の花びらのデザインがアウェイ用では使っていません。これは視覚的な問題からだと言われます。

セレッソ大阪 ユニフォーム を身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご声援よろしくお願い致します。

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ