コンサドーレ札幌 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

コンサドーレ札幌 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

コンサドーレ札幌:(Hokkaido Consadole Sapporo)

· 本拠地  : 札幌市を中心とする北海道

· 所属 :  Jリーグ

· 創立 :  1935年

コンサドーレ札幌は、チーム前身である東芝サッカー部は、1935年に設立されました。 1996年にJFLにアップグレードした後、Sapporo Gonzagaに改名され、Jリーグメンバーチームになりました。 チームの名前コンサドーレは、日本のプロデューサーであるド・サ・ンコー(Do-sa-n-ko)の音訳コンサド(consado)と、北海道のネイティブと解釈されるラテン語のオレからものです。日本の札幌市を中心として北海道をホームタウンです。 日本プロ サッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームホームは札幌ドームと札幌恵比寿パークアリーナに位置し、各地区には室蘭スポーツパークランドアリーナと函館公園オンショア陸上競技場競技の一部分を手配しております。

consadole-sapporo-2017-uniform-home

(写真はイメージです)

1、サプライヤーは前続き「KAPPA」です。

2、J1の舞台へ羽ばたき、頂点を目指選手たちを鼓舞する北海道を象徴する「シマフクロウ」をモチーフに採用します。

3、赤黒の縦ストライプフクロウの羽を使って表現しています。

4、後身の裾へ大きく羽ばたくシマフクロウを配置しています。

5、胸にはコンサドーレ札幌のシンボル「白い恋人」をプリントしております。

6、右袖には明治安田生命Jリーグエンブレム入ります。

コンサドーレ札幌 2017 ユニフォーム ホームを入手したい方は、製品写真をリンクして、購入できる。

コンサドーレ札幌 15/16 17番 稲本潤一 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

コンサドーレ札幌 15/16 17番 稲本潤一 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

Kappaはコンサドーレ札幌のサプライヤーとして10年目を迎えたため、コンサドーレ札幌 ユニフォーム ホームは伝統的な赤と黒のストライプでデザインしました。

クラブにとって大切な縦ストライプはこのシーズンで太い幅にすることで安定感をイメージしました。赤の部分には2014モデルで採用された「アイヌ文様」のグラデーションを再び用いられました。

肩から脇にかけての切り替えラインに沿って、北海道の雪をイメージした銀糸のサプライヤーロゴのいくつがプリントされました。右袖にはアイヌ文様をイメージした柄で北海道を模したマークを配置しておきます。

コンサドーレ札幌 15/16 17番 稲本潤一 ユニフォーム ホームは稲本潤一専用だから、彼の番号と名前が入りました。このユニフォームが気にしたら、ぜひ見逃さないように!

コンサドーレ札幌 15/16 17番 稲本潤一 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

コンサドーレ札幌 ユニフォーム15/16購入はこちら⇒コンサドーレ札幌 ユニフォーム

北海道コンサドーレ札幌 ユニフォーム2016 半袖、「北海道旗」はポイント

北海道コンサドーレ札幌 ユニフォーム2016 半袖、「北海道旗」はポイント

コンサドーレ札幌は2016シーズンに「北海道コンサドーレ」の名前に変更します。

10年以上に日本の強豪チームを育て上げた四方田監督はコンサドーレを執ります。

2015年にもう発表されたコンサドーレ札幌ユニフォーム2016 半袖の詳細と変わりを紹介します。

コンサドーレ札幌ユニフォーム ホームは伝統である赤と黒の縦縞を沿用し、シャツとソックスも赤の比率を増やし、原点に返ったユニフォームとなります。

名前を変更されたほか、前後の北海道旗の「七光星」の柄が表現されています。道旗は、開拓使が使用した北辰旗と、当時着想されていた七稜星のイメージを現代的に表現したもので、地色の濃紺は北の海や空を意味し、星を囲む白は光輝と風雪を表し、七光星の赤は道民の不屈のエネルギーを、またその光芒は未来への発展を象徴したものです。

左袖はクラブ創立20周年の記念マークで、Kappaとの契約も10年目を迎えます。

870bc765-9e14-4b82-acf0-9f2475c9bf56