セレッソ大阪 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 発売中

セレッソ大阪 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 発売中

【チーム概要】
  •   チーム名:セレッソ大阪(Cerezo Osaka)
  •   略称:C大阪
  •   監督:大熊清
  •   設立:1957年
  •   スタジアム:長居陸上競技場
  •   備考:セレッソとはスペイン語で桜を指す語。
  •   所在地:日本の大阪府大阪市、堺市
  •   所属:J1リーグ

CEREZOHOMEFRONT CEREZOHOMEBACK

(写真イメージ)

上記の内容はセレッソ大阪の基本情報です。セレッソ大阪を応援するファンたちはきっと頭の中に暗記しておきているでしょう。

では、次は、大ファンたちすごく関心の2017新たなシーズンのセレッソホーム半袖ユニフォームを紹介させていただきます。

写真を見ながら、下記の内容をご覧ください。

★C大阪の2017モデルは、肩から袖にかけて入れられたプーマ伝統の「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現しています。

☆正面には、「プレーヤーがサポーターとともに目指す “勝利” 」を表現した12本の “V” 型ボーダーストライプが施されています。

★右袖の「明治安田生命Jリーグ」エンブレムは織りワッペン縫い付けています。

☆両袖のメーカーロゴは織りワッペン縫い付けています。

★スポンサーがいずれも継続するとみられます。(胸の「ヤンマー」、背中上部の「日本ハム」、背中下部の「シンハーコーポレーション」、袖の「大日本除虫菊」、パンツの「サンユー都市開発」)

以上。

購入URL:(参考のため)

http://jfashop.com/cerezo-osaka-2017-uniform-home.html

 

 

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪は2016シーズンに向け、新ユニフォームを発表しました。

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカのデザインにはドルトムントの15/16シーズンのホームモデルと連動したピンストライプのボーダーグラフィックを採用しました。

新ユニフォームの裾にはシャツを出して着用した際にデザインアクセントになりますよう、パイピンクを採用しました。右袖には「明治安田生命Jリング」エンブレムをプリントして、フロントと背面のスポンサーロゴは昇華プリントしました。そのほか、ナンバーや選手名にはピッチ上のラインをイメージして作られたというPumaの新フォントを採用しました。胸番号は「背番号」で表示されている番号が入ります。

元気かつ活躍感のあるセレッソ大阪 2016 ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

セレッソ大阪 2016 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 ユニフォーム ホーム1994 は1992年のユニフォームをモデルとしてデザインしました。当時の時代背景にとって、Jチームはすべて派手なデザインのユニフォームだったから、派手な桜色を採用して、デザインしました。お目に見えたように、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。また、水都大阪をイメージしたため、水色のデザインも入りました。背番号の書体も他のチームと違って、独特な曲線の書体を採用しました。

ミズノは当時全チームのサイプライヤーであります。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーのンプリントがあります。

初代のアウェイユニフォームは、ホーム用と濃淡の違う桃色を採用して、袖元に水色のストライプを採用しました。それに、ホーム背中の花びらのデザインがアウェイ用では使っていません。これは視覚的な問題からだと言われます。

セレッソ大阪 ユニフォーム を身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご声援よろしくお願い致します。

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

セレッソ大阪ユニフォーム2016 半袖 発表!ボーダー柄!

セレッソ大阪ユニフォーム2016 半袖 発表!ボーダー柄!

セレッソ大阪 ユニフォーム2016 半袖 は発表しました。2016シーズンの新ユニフォームは桜の色を採用し、非常に優しい色ですね。Pumaによると、ホームユニフォームは太めのボーダーを採用し、肩から伝統的な「アパレルフォームストライプ」が取り入れています。

袖の部分もパイピングはシャツを出して着用した際にアクセントになるデザインされたものです。カジュアル性も重視するこの新ユニフォームは注目される原因となります。

アウェイのユニフォームは白を基調に、C大阪と関係が深く同じPumaがサプライヤーを務めるドルトムントの2015-16ホームとデザイン的に連動したピンストライプのボーダー。前モデルもだが、オフィシャルでそのような説明がなされているのが珍しいです。

Jリーグ各クラブのユニフォームを探すなら→サッカーユニフォーム「JFA Shop」

F161PU0393