浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

平成29年3月21日、今日は2017シーズンの浦和レッズのアウェイ半袖ユニフォームを紹介させて頂きます。

F171NK0218

(上図は写真イメージ)

⇒カラーは黄色を採用する。

⇒胸のスポンサーは「ポラス」をプリントしている。

⇒「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移る。

⇒背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいる。

上記の内容は見た目の商品特徴です。

デザインコンセプト概要は次です。

◆アウェイは、初のボルトカラーを採用。クラブエンブレムに使用されている黄色のサッカーボールからインスピレーションを得たインパクトのあるカラーがLIGHT SPEEDを表現している。

◇黄色の持つ特徴としてWARNIGやCAUTIONといった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和イレブンが敵地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることをイメージしているとのことだ。

 

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖新ユニフォームは発表され、サプライヤーは「New balance」で、胸スポンサーは「DHC」です。このユニフォームは「伝統」と「革新」をサガンブルーとサガンピンクで表現し、シンプルかつスタイリッシュに仕上げたデザインです。

ユニフォームの横に広がるピンクのラインは選手・サポーターとの団結を表し、背中やソックスのグラデーションはサガンブルーに染まっていく段階的な進化を示しています。

サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。そして、左胸にはサガン鳥栖のエンブレムを縫い付けています。ピンクとブルーはサガン鳥栖の伝統的カラーで、非常に穏やかな印象を伝えます。吸汗速乾性に強い素材を使用します。

元気かつ活躍感のあるサガン鳥栖新ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

F161NQ0573

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFCは日本の京都府をホームタウンとする、日本のプロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。京都の伝統のクラブの象徴である「紫」と「白」で統一することにより、一体感を表します。

サイド部分はクロスするエッジで、力の強さと結束力を表現します。選手は最高のパフォーマンスと個性を発揮するために、CW-X独自のテクノロジーを採用し、軽量化と快適さを追求します。観戦する時着用レプリカ ユニフォームで、横幅の余裕のあるシルエットを採用します。

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16購入はこちら⇒京都サンガFC ユニフォーム

 

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖 販売

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖 販売

2015シーズンのサガン鳥栖ユニフォームホームはJFA Shopで販売しています。胸スポンサーはDHCで、サプライヤーがWarriorからNewbalanceに変更しました。

デザインはシンプルなデザインを採用し、ポロ衿が採用されました。ホームのメインカラーはサガンブルーです。衿と袖口にはピンクを採用します。

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖 発売

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖 発売

ベガルタ仙台の2015シーズンユニフォームは販売中です。サプライヤーはasicsからadidasに変更されました。

前のユニフォームと比べると、フロントの天の川のイメージがなくなり、肩にはadidasの三本線があります。

ベガルタ仙台2015年ユニフォームを求めるなら、JFA Shopで一見に値します。

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

ヴィッセル神戸は20年間の歴史を記念するため、「ヴィッセル神戸20周年記念ユニフォーム」を作り出しました。記念ユニフォームは、「明治安田生命J1リーグ 2ndステージ」のホームゲーム4試合で選手が着用することにしました。

新ユニフォームは2015シーズンのユニフォームデザインに基づいて、黒をベースに、ネームと番号のプリントで神戸の夜景を表しました。ユニフォームの正面は神戸の街のイラストで背面には神戸市の地図でデザインしました。また、★印でホームスタジアムであるノエビアスタジアム神戸と神戸総合運動公園ユニバー記念競技場及び練習場のいぶきの森球技場の3ヶ所を地図で標記されました。

新ユニフォームは20年間の感謝の気持ちを込めて、神戸を代表するクラブとして、これからも皆さんと一緒に結束して輝く未来に向けて、最後まで諦めることなく挑戦し続けて優勝を取るという想いを込めました。

ヴィッセル神戸 ユニフォーム を身にまとい、ヴィッセル神戸へのご声援よろしくお願い致します。

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

 

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 ユニフォーム ホーム1994 は1992年のユニフォームをモデルとしてデザインしました。当時の時代背景にとって、Jチームはすべて派手なデザインのユニフォームだったから、派手な桜色を採用して、デザインしました。お目に見えたように、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。また、水都大阪をイメージしたため、水色のデザインも入りました。背番号の書体も他のチームと違って、独特な曲線の書体を採用しました。

ミズノは当時全チームのサイプライヤーであります。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーのンプリントがあります。

初代のアウェイユニフォームは、ホーム用と濃淡の違う桃色を採用して、袖元に水色のストライプを採用しました。それに、ホーム背中の花びらのデザインがアウェイ用では使っていません。これは視覚的な問題からだと言われます。

セレッソ大阪 ユニフォーム を身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご声援よろしくお願い致します。

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

SC相模原 2016 新ユニフォーム 発表!

SC相模原 2016 新ユニフォーム 発表!

SC相模原の2016シーズンの新ユニフォームは大胆なグラデーションでデザインしました。

ホーム(1st)のユニフォームは緑を濃淡で全体に広がるイメージです。豊かな緑で自然な感じを人に与えました。2015の左右と違って、上下のボーダー柄とグラデーションを採用されました。胸にプリントしたgol.(ゴル)は創設時からずっとサポートしているサプライヤーを代表します。背面下部には入れられている「Continua Lutando」の文字はポルトガル語です。日本語で「闘い続ける」の意味で選手たちの諦めない気持ちを表現されました。

アウェイ(2nd)のユニフォームは2015と比べると、袖部分のホワイトは変わらず、メインカラーは赤をグレーの変更されました。

ホームでGKのユニフォームは黄色の迷彩柄の一方、アウェイでFPのユニフォームは赤の迷彩柄を採用しました。

ユニフォームスポンサーについて、背中の「城南建設」を「住宅情報館」へ変更した以外、2015シーズンと同じです。

SC相模原新ユニフォームを身にまとい、引き続きSC相模原新へのご声援よろしくお願い致します。

SC相模原 2016 新ユニフォーム

 

ジェフ千葉 2016 新ユニフォーム 半袖 発表

ジェフ千葉 2016 新ユニフォーム 半袖 発表

ジェフ千葉 ユニフォーム2016半袖は発表しました。クラブ創設25周年を迎える際に、ジェフ千葉は「古河電気工業サッカー部」から「ジェフユナイテッド」に名称を変更しました。サプライヤーは「Kappa」です。

ホームユニフォームはイエローを基調にして、特別なグラフィクをプリントします。襟と袖の部分はグリーンを採用し、番号もグリーンを使用します。胸にはスポンサー「富士電機」の文字がプリントされます。また、最も目立つところは 右胸にはクラブ創設25周年の記念としてプリントされる標識です。

パンツは襟と同じグリーン色を採用し、生き生きしている感じが伝えられます。

ジェフ千葉 2016 新ユニフォーム 半袖

【JFA Shop】ジェフ千葉  ユニフォーム一覧⇒ジェフ千葉

 

サガン鳥栖 ユニフォーム 2016 半袖 販売

サガン鳥栖 ユニフォーム 2016 半袖 販売

2016シーズンの サガン鳥栖 ユニフォーム 半袖は2016年1月24日に発表しました。サプライヤーは「Newbalance」となり、胸スポンサーは「DHC」です。

サガン鳥栖 新 ユニフォームのホームの基調は主にサガンブルーで、サガンピンクも使用します。背中とソックスもサガンブルーを採用し、ピンクとブルーの組み合わせは非常に優しくて穏やかな印象を伝えます。

サガン鳥栖のアウェイ ユニフォームはホワイトを基調として使用し、胸にはホームと同じ「DHC」の英字がプリントされ、目立つところはブルーとピンク色のボーダー柄で、青い線は「冷静」で、ピンク色は「柔軟」のイメージを伝えます。これもサガン鳥栖の理念で、冷静に戦うという精神をみんなに伝えたいです。

サガン鳥栖のゴールキーパー ユニフォームはイエロー、ブラック、パープルの三色を採用します。

サガン鳥栖 ユニフォーム 2016

【JFA Shop】サガン鳥栖 ユニフォーム一覧⇒sag