川崎フロンターレ 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 マーキング対応

川崎フロンターレ 2017 ホーム ユニフォーム 半袖 マーキング対応

「プーマ」の川崎フロンターレ ユニフォームです。2017モデル。レプリカモデル。ホーム ユニフォーム。販売価格:¥5,500円(税込)

kawasakihome2017front

デザインについて:2017 川崎フロンターレ ユニフォーム ホーム(1st) 半袖は、フロンターレブルーを基調にしたピンストライプ柄を採用しました。また、節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象徴となるよう、クラブ初の全身フロンターレブルーのデザインを採用しています。

マーキングについて:背ネーム、背番号や胸番号を加工することができます。(料金別途)

商品特徴:
・選手着用モデルと同仕様のレプリカモデルの為、横幅の絞ったシルエットを採用しています。
・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付けています。
・右胸にメーカーロゴをプリントしています。
・胸前のスポンサーロゴーはプリントです。

20170828094125

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 登場

41qay_holdl._sy355_

デザイン:ヴィッセル神戸が2017シーズンの新ユニフォームを発表しました。胸スポンサーは「楽天」。サプライヤーは前モデルに続き「アシックス」。アウェイ(2nd)は総体はシンプルなデザインを採用します。汗を素早く吸収し、拡散・乾燥させる高い汗処理性能を持つ快適素材『フィールドセンサー』をメイン素材に採用しており、NEWモデルもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。

特徴:アウェイユニフォームは定番の白を基調にデザインしました。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍し、クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。胸には「®Rakuten」(「楽天」)、背中には「川崎重工」、背中裾には「アンリ・シャルパンティエ」、袖には「NOEVIR」のスポンサーをプリントします。熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

購入のリンク:ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

ヴィッセル神戸 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 絶賛発売中

xs009x-vk23
ホームユニフォームはクラブカラーであるクリムゾンレッドを基調に、伝統的なストライプを採用します。全体にエンブレムから始まる瀬戸内の幾重にも続く穏やかな波を表現しています。背面にはチームとサポーターが一つになるという想いを込めて、神戸の夜景から「ポートタワー」をイメージした赤い蛍光色のライン。そこに入れられたクラブアイデンティティの『KOBE FOREVER FORWARD』の文字は、ヴィッセルだけではなく、神戸の街・人すべてが立ち止まることなく、永遠に前進し続けていきたいという思いを表しています。

【特徴】
クラブエンブレムは左胸にワッペン織り縫い付けます。メーカーブランドは「アシックス」、メーカーロゴは右胸に刺繍します。メイン素材には汗を素早く吸収し、通気の性能を持っている快適な素材『フィールドセンサー』を採用し、今シーズンもやや細身のスリムタイプに仕上がっています。
ヴィッセル神戸 ユニフォーム

浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

浦和レッズ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

平成29年3月21日、今日は2017シーズンの浦和レッズのアウェイ半袖ユニフォームを紹介させて頂きます。

F171NK0218

(上図は写真イメージ)

⇒カラーは黄色を採用する。

⇒胸のスポンサーは「ポラス」をプリントしている。

⇒「三菱自動車工業」は背中上部から袖へ移る。

⇒背中上部に「三菱重工業」、背中下部には「日本KFCホールディングス」と新たに契約を結んでいる。

上記の内容は見た目の商品特徴です。

デザインコンセプト概要は次です。

◆アウェイは、初のボルトカラーを採用。クラブエンブレムに使用されている黄色のサッカーボールからインスピレーションを得たインパクトのあるカラーがLIGHT SPEEDを表現している。

◇黄色の持つ特徴としてWARNIGやCAUTIONといった警告や注意を相手に促す効果があり、浦和イレブンが敵地でも脅威となり、相手にとって危険な存在になることをイメージしているとのことだ。

 

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖 16/17 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

サガン鳥栖新ユニフォームは発表され、サプライヤーは「New balance」で、胸スポンサーは「DHC」です。このユニフォームは「伝統」と「革新」をサガンブルーとサガンピンクで表現し、シンプルかつスタイリッシュに仕上げたデザインです。

ユニフォームの横に広がるピンクのラインは選手・サポーターとの団結を表し、背中やソックスのグラデーションはサガンブルーに染まっていく段階的な進化を示しています。

サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。そして、左胸にはサガン鳥栖のエンブレムを縫い付けています。ピンクとブルーはサガン鳥栖の伝統的カラーで、非常に穏やかな印象を伝えます。吸汗速乾性に強い素材を使用します。

元気かつ活躍感のあるサガン鳥栖新ユニフォームを購入したかったら、こちらへ!

F161NQ0573

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFCは日本の京都府をホームタウンとする、日本のプロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブです。京都の伝統のクラブの象徴である「紫」と「白」で統一することにより、一体感を表します。

サイド部分はクロスするエッジで、力の強さと結束力を表現します。選手は最高のパフォーマンスと個性を発揮するために、CW-X独自のテクノロジーを採用し、軽量化と快適さを追求します。観戦する時着用レプリカ ユニフォームで、横幅の余裕のあるシルエットを採用します。

京都サンガFC ユニフォーム15/16 ホーム レプリカ 販売中

京都サンガFC ユニフォーム15/16購入はこちら⇒京都サンガFC ユニフォーム

 

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖 販売

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖 販売

2015シーズンのサガン鳥栖ユニフォームホームはJFA Shopで販売しています。胸スポンサーはDHCで、サプライヤーがWarriorからNewbalanceに変更しました。

デザインはシンプルなデザインを採用し、ポロ衿が採用されました。ホームのメインカラーはサガンブルーです。衿と袖口にはピンクを採用します。

サガン鳥栖 ユニフォーム 2015 ホーム 半袖

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖 発売

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖 発売

ベガルタ仙台の2015シーズンユニフォームは販売中です。サプライヤーはasicsからadidasに変更されました。

前のユニフォームと比べると、フロントの天の川のイメージがなくなり、肩にはadidasの三本線があります。

ベガルタ仙台2015年ユニフォームを求めるなら、JFA Shopで一見に値します。

ベガルタ仙台 2015年ユニフォーム ホーム 半袖

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

ヴィッセル神戸は20年間の歴史を記念するため、「ヴィッセル神戸20周年記念ユニフォーム」を作り出しました。記念ユニフォームは、「明治安田生命J1リーグ 2ndステージ」のホームゲーム4試合で選手が着用することにしました。

新ユニフォームは2015シーズンのユニフォームデザインに基づいて、黒をベースに、ネームと番号のプリントで神戸の夜景を表しました。ユニフォームの正面は神戸の街のイラストで背面には神戸市の地図でデザインしました。また、★印でホームスタジアムであるノエビアスタジアム神戸と神戸総合運動公園ユニバー記念競技場及び練習場のいぶきの森球技場の3ヶ所を地図で標記されました。

新ユニフォームは20年間の感謝の気持ちを込めて、神戸を代表するクラブとして、これからも皆さんと一緒に結束して輝く未来に向けて、最後まで諦めることなく挑戦し続けて優勝を取るという想いを込めました。

ヴィッセル神戸 ユニフォーム を身にまとい、ヴィッセル神戸へのご声援よろしくお願い致します。

ヴィッセル神戸 2015 ユニフォーム 20周年記念

 

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 復刻 記念版

セレッソ大阪 ユニフォーム ホーム1994 は1992年のユニフォームをモデルとしてデザインしました。当時の時代背景にとって、Jチームはすべて派手なデザインのユニフォームだったから、派手な桜色を採用して、デザインしました。お目に見えたように、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。また、水都大阪をイメージしたため、水色のデザインも入りました。背番号の書体も他のチームと違って、独特な曲線の書体を採用しました。

ミズノは当時全チームのサイプライヤーであります。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーのンプリントがあります。

初代のアウェイユニフォームは、ホーム用と濃淡の違う桃色を採用して、袖元に水色のストライプを採用しました。それに、ホーム背中の花びらのデザインがアウェイ用では使っていません。これは視覚的な問題からだと言われます。

セレッソ大阪 ユニフォーム を身にまとい、引き続きセレッソ大阪へのご声援よろしくお願い致します。

セレッソ大阪 1994 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ