川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

川崎フロンターレの基本情報をご覧ください。

創設: 1955年
監督: 鬼木達
本拠地: 等々力陸上競技場
本拠地: 川崎市
所属リーグ: J1リーグ
次は2017新シーズンのアウェイユニフォームを紹介いただきます。

2017KAWAZAKIAWAYFRONT

川崎フロンターレのアウェイユニフォームはホワイトを基調にデザインしました。正面に『Paint it Blue』のコンセプトを大胆に表現したグラフィックを配しており、その中に川崎市の7区それぞれの地形やマスコットの「カブレラ」が密かに描かれています。襟の部分は高級なブラックを採用してデザインしました。この部分はホームユニフォームは同じですよ。ほかのスポンサー部分はいずれも続きなので胸の「arrows」、背中上部の「SMBC日興証券」、背中下部の「ニフティ」、袖の「富士通マーケティング」ロゴをバランスよく入れます。

参考:

川崎フロンターレ 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版発売

三浦知良は静岡県出身のプロサッカー選手で、今は横浜FCに所属します。プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手です。

三浦知良選手は93-95年間に当時の川崎読売でサッカーをプレーしました。93-95年のユニフォームは今記念版として販売しています。ユニフォームは右胸から濃淡の違い発散したラインは前身に広がります。三浦選手の11番の背番号もプリントされます。

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版

93-95 川崎読売 Jリーグ版 ユニフォーム11番 三浦知良 記念版購入はこちら⇒川崎フロンターレ ユニフォーム

川崎フロンターレ ユニフォーム 2016 半袖 発表!

川崎フロンターレ ユニフォーム 2016 半袖 発表!

日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする川崎フロンターレ ユニフォーム 2016 半袖 発表!サプライヤーは「Puma」です。

クラブ創立20周年を迎える川崎フロンターレは、2016新ユニフォームはクラブ創設時のユニフォームデザインをベースに作成され、創設時の水色と黒のストライプ柄を採用しました。襟は白で水色と黒の波線が入っていました。背中裾スポンサーがインターネットサービス事業者「ニフティ株式会社」に決定した事を発表しました。

アウェイは1998年のデザインを採用し、「J1参入決定戦」というクラブの歴史語りです。胸スポンサーは前年に続きホームと違い富士通のブランド「ARROWS」となっています。

川崎フロンターレ ユニフォーム 2016

川崎フロンターレ ユニフォーム  一覧⇒川崎フロンターレ ユニフォーム