横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 熱売中

横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ 熱売中

アディダスの横浜Fマリノス ユニフォームです。2017仕様。レプリカモデル。ホーム ユニフォーム。

2017年10月21日(土)の明治安田生命J1リーグ第30節の試合で横浜F・マリノスと鹿島アントラーズが対戦しました。試合結果は3-2で終了しました。得点者は下記のように。

・3分 1-0 伊藤翔(横浜FM)
・14分 2-0 天野純(横浜FM)
・45+2分 2-1 山本脩斗(鹿島)
・66分 2-2 植田直通(鹿島)
・74分 3-2 オウンゴール(横浜FM)

横浜Fマリノスのサッカー選手は2017スペシャルユニフォームを着用しました。

今回は横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカを紹介いたします。横浜Fマリノス ユニフォーム 2017にご興味がある方は是非ご覧ください。

yokohama-f-marinos-2017-uniform-home-front

【デザインについて】

2017 横浜FM ホーム ユニフォームは『スピードオブトリコロール』をデザインコンセプトに、現代フットボールの勝利に必要不可欠なスピードを、マリノスブルーを中心とした「スピードグラフィック」で大胆に表現しています。

港町横浜、トリコロールのプライドを、白のスリーストライプスと赤のアクセントカラーで表現しています。ユニフォームの襟口と袖口は赤のアクセントカラーにバランスよく入りました。

特徴のアディダス「三本線」は脇の下に配置しています。

パンツは白基調に、ソックスは赤です。

購入はこちらへ。

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖 レプリカ

2015 ユニフォームは前シーズンのユニフォームで使用した新旧2色のブルーを使い続け、前にはパターンが付いていました。

ユニフォームにはクラブの象徴であるトリコロールを使って、新シーズンの優勝に輝く決意を表しました。クラブのメインコンセプトにした「マリノスゴールド」に3ストライプスを用いられます。

クラブのアイデンティティーであるトリコロールのデザインは襟・袖・裾の元部分にも表現されました。ドット柄はユニフォームに個性を与えました。

中村俊輔選手専用のユニフォームですから、彼の番号と名前がプリントされました。中村俊輔好きな皆さんはこのユニフォームを着って、行き続き中村俊輔のご声援よろしくお願い致します。

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 ユニフォーム 10番 中村俊輔 ホーム 半袖

横浜Fマリノス 2015 カップ戦 10番 中村俊輔 ユニフォーム購入はこちら⇒横浜Fマリノス ユニフォーム

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 販売

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 販売

2015シーズンの横浜F.マリノス ユニフォーム ホームは販売しています。サプライヤーは「adidas」です。スポンサーは「NISSAN」となります。

前のモデルと比べると、アディダスの三本線はホワイトからゴールドに変更しました。2014シーズンの袖口の部分のレッドがなくなり、裾の部分はレッドのラインがデザインされました。

横浜F・マリノス ユニフォーム 2015 半袖 購入

横浜F・マリノス ユニフォーム 2016 半袖 販売

横浜F・マリノス ユニフォーム 2016 半袖 販売

2016シーズン横浜F・マリノス ユニフォームは2016年に1月23日に発表しました。サプライヤーは「adidas」です。

ホーム ユニフォームは青色を基調として採用し、襟は赤色を採用します。adidasの白い三本線を使用します。胸の中にはNISSANの英字がプリントされます。袖には「日本化成」の文字があります。新ユニフォームの目立つところは今回チェック柄を採用します。穏やかで若いい印象を伝えます。

アウェイのユニフォームは史上初めてピンク色を基調として使用し、スタライプ柄になります。ゴールキーパーは白、黒、黄色の3色を採用します。

横浜F・マリノス ユニフォーム 2016

【JFA Shop】横浜F・マリノス  ユニフォーム一覧⇒横浜F・マリノス ユニフォーム